転居届(転出届)

転居届 ( 転出届 ) - 住所変更の手続き

引越しをすると、現在住んでいる市区町村役所(役場)に「転居届(転出届)」を出さなければいけません。
転居届(転出届)を提出すると、転出証明書というものが発行されます。

この転出証明書を新しい住所の市役所に提出しないと、転入届がだせないので大事に保管しておきましょう。

もし、転居届(転出届)をださないで引越しした場合は、引越してから14日以内に、それまで住んでいた市区町村役所(役場)に転出届を提出して、かならず転出証明書を発行してもらいましょう。

転居届(転出届)に持って行くもの、必要な物

届け出先・・・引越す前の市区町村役所(役場)
届け出人・・・ご本人または世帯主の方
必要書類・・・印鑑(市区町村によっては不要のところも)
届け出期間・・・転出届は引越し前まで、転居届は引越した日から14日以内
(届け出を忘れていた場合は転出後14日以内までなら大丈夫です)

なお、住民基本台帳カードの交付を受けている方は、郵送で転出届をおこなえば、転出証明書の発行を受けなくても転入先で転入届の手続きができます。

ほかの市区町村に引越しする場合

ほかの市区町村に引っ越す場合は、転出時に「国民健康保険の資格喪失手続き」というのが必要になります。

住民基本台帳カードで転出するときは、転出届を郵送するときに国民健康保険証を同封します。

その前に!自分の引っ越し費用わかっていますか?

まずは無料の引越し一括見積もり

自分の引越し費用を調べてみる